損切りの具体的な価格をイメージして売買のヒントにする

損切りという概念はFXでは何度も耳にするものです。ところで、その損切りがヒントになる考え方も覚えておきたいものです。
例えばバイナリーオプションエフイーサーが1ドル100.2円だとします。その時に、今後は米ドルの価格は上昇していくだろうとイメージを描いたとします。そして米ドルの買い注文をしたとします。
q6uh9dawlvq4tmrところで注文をするとあらば、当然損切りのポイントも決めなければなりません。
もしも1ドル100円の壁はそう簡単に割れるものでは無いと考えたとしましょう。すると、99.9円などと100円に近い価格を損切りに設定するのではないでしょうか。
そのような考え方をする人は、非常に多いものです。という事は、99.9円付近には多くの人々からの損切りの逆指値が固まっているパターンが非常に多いのです。
実際、100円などの壁が割れると、ここぞとばかりに価格が下がっていくケースは非常に多いのです。それは逆指値が発動される事によって、大量の売り注文が実行されるからです。売り注文が大量に発生すれば、当然米ドルの価格も下がるものです。
となると、99.9円に突入してしまえば売り注文をするべきという訳です。
このように「もしも自分が損切りを設定するとしたら、逆指値の具体的な価格はどうするか」を考える事は非常に重要です。それを逆手に取れば、売り注文のポイントも見えてくるからです。
FXで損切りを考える事は重要ですが、それをヒントにする考え方も重要という訳です。

FXならサイバーエージェントFX
FXならサイバーエージェントFX

損失が発生した時は投資金額を減らすべきという考え方

FXでは損失を避ける事は絶対に不可能です。そもそもプロでも損失が発生するものなのです。
はっきり言って、それは例外はありません。歴代の投資家も、間違いなく損失は発生しています。
ところで、その損失が発生した時にどうするべきなのでしょうか。とある有名な海外の投資家によると、損失後は投資金額を低くするべきなのだそうです。
mm92qvxchltb9x9d例えば一番最初に元手10万円で取引を開始したとします。ところが何かを間違えて損失が発生してしまいました。その結果、5万円になってしまいました。
この程度の損失ならば、FXではごく普通に起きます。一晩で一千万円の損失が発生する事を考えると、5万円ならばまだ被害は少ない方だと思っております。
ところで、この後にどうするかが問題なのです。普通は、5万円の損失を取り戻そうと復活劇をイメージするものです。ところが、上記の海外の投資家によると、投資金額を大きく減らすべきなのだそうです。
具体的には、「投資金額は5千円までを上限にするべき」なのだそうです。残りの金額の1割になっているのがポイントです。
おそらく、その海外の投資家が言おうとしているのは「不調なので被害を少なくするべき」という考え方が根底にあるものと思います。大きな損が発生する時というは、損が連鎖する事も起こりがちなものです。
そういう時にムキになってバイナリーオプションエフイーサーで大きな取引をしてしまうと、さらに損が拡大してしまうものです。そして破産の道を歩む事を懸念しているのではないでしょうか。
それよりは、投資金額を低くして損失を限定する事を説いているように思えてなりません。

新着情報

◆2015/07/29
損切りの具体的な価格をイメージして売買のヒントにするの情報を更新しました。
◆2013/12/25
運営者情報の情報を更新しました。
◆2013/12/25
待つ事を説いた2つの格言とFXで待つ事の意義の情報を更新しました。
◆2013/12/25
体調不良や寝不足の時はメンタルを考慮して取引をやらないという考え方の情報を更新しました。
◆2013/12/25
損切りは会社勤めの経費のようなものの情報を更新しました。